2級建設機械施工技士学科合格者が教える初心者教育・訓練プログラム「勉強方法」「合格率」「過去問題」「難易度」

⑥軟弱地盤対策工 ⑦工事測量 ⑧施工計画(土木工学一般)

WRITER
 
2級建設機械施工技士
この記事を書いている人 - WRITER -






このサイトは建設業者さんの為の2級建設機械施工技士応援サイトです。 29年度試験に自分が受け学科合格した部分をとりまとめました。

従業員も資格を取れば、資格手当で給料アップするでしょう。 資格を取る価値は十分にあります。

下記テキスト及び過去問題集を購入し勉強しましょう。

建設機械施工技術必携 建設機械施工技術検定テキスト

建設機械施工技術検定問題集 1級・2級建設機械施工技術検定試験

試験時に持っていくと役立ちそうなもの書いています。

2級建設機械施工技士検定学科検定受けてきました。

資格を取り、建設業許可を受け、日本の建設業業界を盛り上げましょう。
[cc id=443]

軟弱地盤の特徴

軟弱地盤は、微粒子を多く含んだやわらかい土、(  )の大きい土や砂等から構成されている

軟弱地盤の性質
堆積が新しい
地下水位が高い
たい積した土層の厚さが(  )い
単位体積(  )が小さく、浅い土かぶり圧しか受けていない。

 

対策工法の種類と効果

軟弱地盤は盛土荷重により破壊したり、沈下が長時間継続し構造物に悪影響を与える

軟弱地盤対策の目的と効果

種類 テキストの説明、ポイントの記入
目的    区分   効果
沈下対策 A圧密沈下の促進
B全沈下量の減少
安定対策 Cせん断変形の抑制
D強度低下の抑制
E強度増加の促進
F滑り抵抗の増加
地震時対策 G液状化の防止

 

軟弱地盤対策の工法と効果

種類 工法の大体の内容・効果を記入
表層処理 敷設材工法
表層混合処理
表層排水
サンドマット
 表層に処理
置き換え 掘削設置工法
強制置換工法
置き換え
盛土で押え 押え盛土工法
緩傾斜工法
盛土して押さえ
盛土の中を補強 盛土補強工法 中に何か入れる
軽い土で荷重軽減 軽量盛土工法
時間かけて盛土 漸増載荷工法
段階載荷工法
地下水低下工法
あらかじめ荷重し沈下促進 盛土荷重載荷工法

大気圧積工法

穴あけ砂入れ水抜き沈下促進 サンドドレーン工法
カードボードドレーン工法
サンドパイル
(   )工法 サンドコンパクションパイル工法
(   )工法 バイブロフローテーション工法
ロッドコンパクション工法
重錘落下締固め工法
地盤固結 深層混合処理工法
石灰パイル工法
薬液注入工法
凍結工法
石灰で地盤を固める
(   )による工法 矢板工法
杭工法
カルバート工法

 

工事測量

1基本杭および用地杭の確認と再設置

測量の基本は距離と角度と高さである
工事現場での測量は工事目的物を作るための測量である

工事開始前に用地杭を確認し、必要に応じて(   )する

1中心線測量
(  )や(   )の中心線、河川等の(  )を定める測量をいう

2縦断測量
(   は)を測定し、(  )面図を作る測量をいう

3横断測量
地盤高の(  )差を測定し、(  )図を作る測量をいう




 

2施工高および用地幅の決定

 

3仮水準点(仮B・M)の設置

管理水準点は風雨や地盤の影響で(  )することはないようにする

仮水準点の選定
工事区域以外の基礎などで見通しやすい場所のもの
工事区域以外の岩盤
(  )に設置した大型の杭(できればコンクリートで固定)

 

4距離測量

(  )または(   )を図る測量

 

5角測量

方法 テキストの説明、ポイントの記入
単側法
反復法
トラバース測量

 

6水準測量

直接水準測量
(  )儀と標尺を用いて直接高低差を求める方法

間接水準測量
(   )と(  )距離を測定し、計算によって間接的に求める方法

水準測量の注意点
固い(  )にレベルを水平になるように立てる
(   )はスタッフのほぼ中間に設置する
スタッフは( )本使用することが多い
スタッフはゆっくり進前後に(  )することにより最小の読みとなる時が垂直である

 

7測量器械の調整

トランシットや(   )測量前に(  )しておく

 

8平板測量

現地において直接(   )上に作図する方法

 

9GNSS測量

施工計画の基本

設計図書に基づいて所定の工事期間内に品質の良いものを経済的にかつ環境に配慮し安全に施工する方法を計画する。

施工計画の立案方針

設計図書
寸法、品質等が示される
施工方法についてはまず示されていない

施工用仮設備は 仕様書で規定し、発注者の承諾必要

施工計画
施工者が技術と経験で工事を検討、立案、実施する

施工計画立案時に留意すること

テキスト見て説明、ポイント等の記入
 常に(  )、新工法技術を採用心構え
 理論、新工法を(  )して現場に合致した大局的な判断が必要
 全社的な高度の技術水準で行う
 必要に応じて研究機関から技術指導
 経済的な(  )を探すことも重要
 代案を作り、経済性も含めて長所、短所を比較検討して最適な計画を立案

 

日程計画

工事に要する実稼働日数は、作業可能日数より少ないか、同じになるように計画する

作業可能日数  (  )よる日数-定休日、天候その他の作業不可能日数

作業可能日数は現地の自然条件を十分調査し工事の技術的特性を考慮して算出

1日平均施工量 1時間平均施工量×1日平均作業時間

所要作業日数は、作業可能日数を上回ることはない。

 

施工速度の種類

種類 テキスト見て説明、ポイント等の記入
最大施工速度    1時間当たりの最大施工速度
(  )施工速度  上記に(  )管理の正常損失時間加えて計算したもの
(  )施工速度  上記+悪天候等損失時間加味で工程計画の基準速度

 

施工計画立案のための事前調査

 

仮設備計画

 

調達計画

 

現場管理組織計画

 

実行予算と原価管理

 

[cc id=465] [cc id=1830]



この記事を書いている人 - WRITER -