④油圧駆動装置 (建設機械一般テキスト)-2級建設機械施工技士サポートクラブ

スポンサードリンク




注 このサイトは建設機械施工技術必携 建設機械施工技術検定テキストの内容をもとに構成されている2級建設機械施工技士応援サイトです。

このサイト見ただけでは合格はできません。

下記テキスト及び過去問題集を購入し、テキスト勉強前の内容確認や予備知識習得にお使いください。

建設機械施工技術必携 建設機械施工技術検定テキスト 平成29年度版

建設機械施工技術検定問題集 1級・2級建設機械施工技術検定試験 平成29年度版

 

このサイトの勉強方法紹介はこちら→ 2級建設機械施工技士勉強方法

油圧駆動の特徴

油圧駆動装置には、一般的に次のような特徴がある。

長所 ①(  )から離れた所に動力を配分できる。
②(  )トルク起動ができる。
③運転の(  )操作が容易にできる。
④ゼロから(  )段階に動力制御ができる。
⑤連続・間欠運転が(  )にできる。
⑥(  )電力でメカトロニクス化できる。
⑦出力として(  )運動、(  )運動が選べる。

|短所 |①動力の伝達効率が(  )い。|

②(  )漏れの問題がある。
③温度により粘度が変化するため(  )が必要である。
④作動油が変質するため(  )の管理が必要である。

 油圧駆動の要素機器

油圧ポンプ

油圧ポンプの形式分類と作動原理

大分類 中分類 小分類 作動原理と構造 可変容量機能
回転式ポンプ 歯車ポンプ 外接形 2個またはそれ以上の外歯車を使用、構造が最も(  )。 不可
内接形 外接形に同じ。1組の(  )歯車と(  )歯車を用いる。 不可
ベーンポンプ 平衡形 2組の吸込み穴、吐出し穴がある。歯車ポンプに次いで構造は(  )。 ほどんど定容量形
非平衡形 平衡形に同じ。1組の吸込み穴、吐出し穴を持つ。可変容量形が多いが、構造は平衡形よりやや(  )。 カムリング偏心量の増減による
往復式ポンプ アキシャルピストンポンプ 斜軸式 シリンダブロック軸に平衡に、円筒面内にピストンが(  )されている。軸の傾斜によって(  )を起こす。ピストンロッドをもつ。 斜軸の傾角の増減による
斜板式 斜軸式に同じ。斜板の傾斜面上をピストン端が摺動して往復運動を起こす。 斜板の傾角の増減による

※アキシャルピストンポンプ
建設機械の駆動装置としては、斜板式可変容量形ピストンポンプが広く採用されている。エンジンからの入力を斜板によりピストンの往復動に変え、油を吐き出す構造である

 アクチュエータ

(   )油の圧力エネルギーを機械的な仕事に変化する装置。

 

(建設機械系)関連記事一覧

①技術動向 (建設機械一般)

②原動機と電装品 (建設機械一般)

③動力伝達装置(建設機械一般)

④油圧駆動装置 (建設機械一般)

⑤建設車両用タイヤとゴムクローラ (建設機械一般)

⑥燃料・潤滑剤 (建設機械一般)

⑦ワイヤーロープ(建設機械一般)

⑧安全及び環境保全対応 (建設機械一般)

⑨機械の維持と記録 (建設機械一般)

⑩建設機械の作業能力と機械経費 (建設機械一般)

⑪建設機械の輸送(建設機械一般)