スポンサードリンク



注 このブログは過去問題内容をもとに構成されている2級建設機械施工技士応援サイトです。

過去問題は押さえておきたいポイントだらけです。

問題の解答はすべて正解にしてありますが、このサイト見ただけでは合格はできません。

下記テキスト及び過去問題集を購入し、重要なところに線を引くなどして

テキスト勉強前の内容確認や予備知識習得にお使いください。

建設機械施工技術必携 建設機械施工技術検定テキスト 平成29年度版

建設機械施工技術検定問題集 1級・2級建設機械施工技術検定試験 平成29年度版

 

9 施工計画 (土木工学)過去問題型テキスト-2級建設機械施工技士サポートクラブ

9 施工計画

27年度2級建設機械施工技士試験

No. 14施工計画立案にあたって留意すべき事項

施工計画の作成にあたっては、過去の技術だけにとらわれず、新工法、新技術を取り入れ、工夫・改善する。

現場条件調査の精度を高めるためには、複数の人員で調査回数を重ね、個人的要因や偶発的要

因による錯誤や調査漏れを防ぐ必要がある。

工事内容の理解のため、契約書、設計図書及び仕様書の内容を検討し、工事数量の確認を行う。

施工計画の作成にあたっては、現場主任者だけでなく全社的な高度の技術水準で作成する。

 

24年度2級建設機械施工技士試験

No. 7土工計画や作業において、土量変化率が関係のある記述

運搬作業

土捨場計画

掘削土の盛土への流用計画

 

No. 11次の作業のうち、丁張を必要としないもの

コンクリート擁壁の型枠組立

スポンサードリンク



23年度2級建設機械施工技士試験

No. 3日程計画に関する記述。

所要作業日数は、工事量を日平均施工量で除して求める。

作業可能日数は、暦日による日数から、定休日、天候その他に基づく作業不能日数を差し引いて推定する。

日平均施工量は、時間平均施工量と日平均作業時間の積で求める。

所要作業日数は、作業可能日数を上回ることはない。

 

 

スポンサードリンク



過去問テキスト 土木・機械・法令・ショベル もくじ