スポンサードリンク



注 このブログは過去問題内容をもとに構成されている2級建設機械施工技士応援サイトです。

過去問題は押さえておきたいポイントだらけです。

問題の解答はすべて正解にしてありますが、このサイト見ただけでは合格はできません。

下記テキスト及び過去問題集を購入し、重要なところに線を引くなどして

テキスト勉強前の内容確認や予備知識習得にお使いください。

建設機械施工技術必携 建設機械施工技術検定テキスト 平成29年度版

建設機械施工技術検定問題集 1級・2級建設機械施工技術検定試験 平成29年度版

 

7 軟弱地盤対策工 (土木工学)過去問題型テキスト-2級建設機械施工技士サポートクラブ

7 軟弱地盤対策工

27年度2級建設機械施工技士試験

No. 12サンドドレーン工法に期待される効果
せん断変形の抑制
強度増加の促進

圧密沈下の促進

 

26年度2級建設機械施工技士試験

No. 13軟弱地盤対策工法と主として期待される効果
サンドドレーン工法圧密沈下の促進
石灰パイル工法沈下量の減少
押え盛土工法すべり抵抗の増加
凍結工法地盤強度の増加及び遮水効果

 

25年度2級建設機械施工技士試験

No. 14盛土の施工中における軟弱地盤対策に関する記述
盛土本体部分に沈下板を設置し、これに継足し可能なロッドを付けて沈下量を測定し、計算どおり沈下しているかどうか確認する。
滑り破壊に対するチェック方法として、盛土部分の外側に移動杭を設置し、定期的に水準測量及び平面測量を行って、移動量をチェックする。
対策工法の効果が予定したとおりに発揮されているかを照査するために、動態観測を行いながら工事を進める必要がある。
動態観測のために設置する計器には、一般に沈下計や傾斜計が用いられる。

 

24年度2級建設機械施工技士試験

No. 16軟弱地盤対策に関する次の工法のうち、表層処理工法に含まれるもの



サンドマット工法

 

23年度2級建設機械施工技士試験

No. 7軟弱地盤の土層の性質に関する以下の記述のうち、(A)〜(C)に当てはまる次の用語の
組合せ
軟弱地盤の土層の性質は、堆積が(A)ほど、地下水位が(B)ほど、また、より上位に堆積した土層の厚さが(C)、あるいは単位体積質量が小さくて少ない土かぶり圧しか受けていない等の場合ほど悪く、問題の多い軟弱地盤を形成する。
(A)   (B)  (C)
新しい 高い 薄く


スポンサードリンク



過去問テキスト 土木・機械・法令・ショベル もくじ