スポンサードリンク



注 このブログは過去問題内容をもとに構成されている2級建設機械施工技士応援サイトです。

過去問題は押さえておきたいポイントだらけです。

問題の解答はすべて正解にしてありますが、このサイト見ただけでは合格はできません。

下記テキスト及び過去問題集を購入し、重要なところに線を引くなどして

テキスト勉強前の内容確認や予備知識習得にお使いください。

建設機械施工技術必携 建設機械施工技術検定テキスト 平成29年度版

建設機械施工技術検定問題集 1級・2級建設機械施工技術検定試験 平成29年度版

 

6 基礎工 (土木工学)過去問題型テキスト-2級建設機械施工技士サポートクラブ

6 基礎工

27年度2級建設機械施工技士試験

No. 11杭工法に関する記述
既製杭の埋込み杭工法には、中掘り杭工法、プレボーリング杭工法、圧入杭工法、鋼管ソイルセメント杭工法がある。
場所打ち杭工法には、機械掘削工法と人力掘削工法がある。
打込み杭工法は、他の工法に比べ騒音、振動が大きい。
場所打ち杭工法は、施工速度が遅く、施工管理が難しい。

 

26年度2級建設機械施工技士試験

No. 12場所打ち杭工法に関する記述
汚水処理、排水処理が必要になる。
施工管理が打込み杭に比較して特に重要である。
他工法に比べ騒音、振動は小さい。
大径の杭が施工可能である。

 

25年度2級建設機械施工技士試験

No. 13基礎工に関する記述
直接基礎には、地盤改良を行うものもある。
場所打ち杭工法は、打込み杭工法に比べると騒音及び振動が小さい。
オールケーシング工法は、場所打ち杭基礎工法の一種である。
地中連続壁は、止水性にもすぐれており、土留め壁としても施工されている。

スポンサードリンク



24年度2級建設機械施工技士試験

No. 10場所打ち杭基礎工法を採用する条件に関する記述



騒音・振動の規制がある場所での施工はできる。

 

23年度2級建設機械施工技士試験

No. 11基礎工に関する記述
基礎工は、浅い基礎と深い基礎に分類され、杭基礎は、深い基礎の種類になる。
ケーソン基礎では、地下水がない場合は、オープンケーソンを使用し、地下水位が高い
場合は、ニューマチックケーソンを使用する。
杭基礎には、打込み杭工法、埋込み杭工法、場所打ち杭工法の種類がある。
フーチング基礎は、支持力が十分見込める良質な地盤に、直接支持させる基礎工である

 

スポンサードリンク



過去問テキスト 土木・機械・法令・ショベル もくじ