平成26年度2級建設機械施工技術検定学科試験択一式共通問題試験問題

土木工学一般

1 土と岩

No. 1 土の強度に関する記述
土粒子相互間の滑動に抵抗する力の強さが土の強度であり、土の強度は、土粒子間の粘着力
と摩擦力とによって生じる。
粘土のような土はもっぱら粘着力によって支配され、摩擦力はゼロに近い。
砂のような土の強度は、摩擦力によって生じ土粒子の間に働く粘着力はほとんどない。
土の内部摩擦角は、土の一面せん断試験によって求めることができる。

 

No. 2土の締固めに関する記述
土粒子の粒径がそろっているほど、均質になり、高い密度に締め固めることができない。
締固めを行うことにより、盛土の強度の増大と透水性の低下が図られ、盛土が安定する。
土は、ある適当な含水比で締固めたときに、よく締め固まり、密度が最大となる。
締固め曲線は、最大乾燥密度と最適含水比を求めるために使われる。

 

2 コンクリート工

No. 3コンクリートの養生に関する記述
適切な温度に保ち、急激な温度変化を避ける。
コンクリートの表面は、所定の材齢に達するまで十分な湿潤状態を保つ。
養生期間は、セメントの種類によって変わる。
有害な振動や過大な荷重が作用しないようにする。

 

No. 4 コンクリートの用語と定義に関する組合せ
用語        定義
モルタル  セメント、水及び細骨材(砂)、必要に応じて加える混和材料を構成材料とし、これらを混合したもの、又は硬化させたもの。
かぶり  鋼材あるいはシースの表面からコンクリート表面までの最短距離で計測したコンクリートの厚さ。
レイタンス  コンクリートの打込み後、ブリーディングに伴い、内部の微細な粒
子が沈降し、コンクリート表面に形成されたぜい弱な物質の層。
マスコンクリート 構造物の寸法が大きく水和熱の影響によるひび割れを考慮して設計・施工しなければならないコンクリートあるいはコンクリート構造物。

 

3 土工と各種土構造物

No. 5盛土材料に関する記述
盛土材料は、なるべく良質な材料を選んで使用することが望ましい。
盛土材料として好ましいのは、敷ならし、締固めの施工が容易なものである。
盛土材料として好ましいのは、吸水による膨潤性の低い性質をもった土である。
与えられた盛土材料が多少好ましくないものであっても、適切な処置を施し有効利用することも必要である。

 

No. 6道路・河川等に関する記述
道路の路面には、路面の排水をよくするため、通常横断勾配がつけられている。
アスファルト舗装の道路においては、表層、基層、路盤を舗装と呼び、路床は含まない。
堤防を中心にして河川の流れがある側を堤外地、反対側を堤内地と呼ぶ。
河川では、水の流れる下流方向に向かい、右手が右岸、左手が左岸である。

 

4 土工と機械我化施工

No. 7作業の種類とそれに使用する土工機械に関する組合せ
作業の種類土工機械
伐開除根ブルドーザ、レーキドーザ、バックホウ
掘削バックホウ、クラムシェル、ブルドーザ
締固めタイヤローラ、振動ローラ、ロードローラ
削岩ドリフタ、クローラドリル、レッグドリル

 

No. 8盛土工の締固めで品質規定方式を使用する品質を規定する用語(土と岩)
最大乾燥密度
最適含水比
空気間隙率

 

No. 9掘削に伴う排水工法
ウエルポイント工法
深井戸真空工法
釜場排水工法

 

5 舗装工

No. 10舗装の表層を構成する材料や工法等に期待できる主な性能に関する記述
薄層舗装は、平たん性、すべり抵抗性が期待できる。
ニート工法は、すべり抵抗性が期待できる。
半たわみ性舗装は、耐久性の高さが期待できる。
ポーラスアスファルト混合物は、排水性、騒音低減が期待できる。

 

No. 11舗装の平たん性の低下の主な原因に関する記述

アスファルト混合物の品質不良
路床茜路盤の支持力の不均一
層間接着不良

 

6 基礎工

No. 12場所打ち杭工法に関する記述
汚水処理、排水処理が必要になる。
施工管理が打込み杭に比較して特に重要である。
他工法に比べ騒音、振動は小さい。
大径の杭が施工可能である。

 

7 軟弱地盤対策

No. 13軟弱地盤対策工法と主として期待される効果に関する組合せ
軟弱地盤対策工法主として期待される効果
サンドドレーン工法圧密沈下の促進
石灰パイル工法沈下量の減少
押え盛土工法すべり抵抗の増加
凍結工法地盤強度の増加及び遮水効果

 

10 工事の管理

No. 14工程、原価、品質の一般的な関係に関する記述
品質と工程との関係は、品質の良いものを得ようとすれば工程は遅くなる。
工程と原価との関係は、極端に工程を早めるといわゆる突貫工事となり、単位施工量当たりの原価は高くなる。
原価と品質との関係は、良い品質のものは原価が高くなる。
工程と原価との関係は、工程を遅くして施工量を少なくすると、単位施工量当たりの原価は高くなる。

 

11 施工のための各種試験

No. 15トラフィカビリティ判定のために行う試験
静的円すい貫入試験õポータブルコーン貫入試験ö

 

12 設計図書と工事費

No. 16国土交通省の土木工事における設計図書
縦断面図
共通仕様書
特記仕様書

 

 

建築機械一般

 

1原動機と電装品

No. 17建設機械用ディーゼルエンジンの構造に関する記述
中・大型エンジンの燃焼室形式には、直接噴射式が多く使用されている。
過給機には、排気タービン過給機が使用されている。
燃料装置のガバナは、オールスピードガバナが使用されている。
冷却装置は、水冷式が一般的である。

 

No. 18寒冷時にディーゼルエンジンを始動する際、始動を容易にするための方法
燃料は、流動点が低い軽油を使用する。
燃料タンクの水分をこまめに取り除いておく。
エンジンオイルは、気温に適したものを使用する。
バッテリは、保温し完全充電を行っておく。

 

2 燃料・潤滑剤

No. 19建設機械用ディーゼルエンジンオイルの取扱いに関する記述
オイルの交換は、エンジンがまだ温かいうちに行うのが望ましい。
オイルの交換は、一般に200~500 時間ごとに行う。
なるべく粘度変化の少ないものが望ましい。
清浄分散性の高いものを使用する。

 

No. 20ディーゼルエンジンの燃料として用いられる軽油の特性
ガソリンと比べて引火点が高い。
セタン価が高いほど着火性がよい。
揮発性は、不要である。
目詰まり点は、軽油ワックス分が燃料フィルタを閉塞する温度

 

関係法令

3建設業法

No. 21建設業法上、建設工事の発注に関する記述
書面による契約書は作成しなかったが、いわゆる電磁的措置を講じた。
貸与する建設機械の内容及び貸与の方法を記載して契約書面を交付した。
請負契約の締結後に建設業者に工事を着手させた。
工事終了前に契約書面を相互に交付した。

 

No. 23建設業法に定める建設工事の請負契約の当事者が、契約の締結に際して書面に記載しなければならない事項


契約に関する紛争の解決方法

 

No. 24建設業法に定める指定建設業に該当するもの
土木工事業
管工事業
舗装工事業
建築・電気・鋼構造物・造園

 

No. 25騒音規制法に定める指定地域内において特定建設作業を伴う建設工事を施工しようとする者が、特定建設作業の実施の届出を提出する機関
市町村長


 

8 建築工事にかかる資材の再資源化等に関する法律

No. 22請負代金の額が500 万円以上の建築物以外の工作物の解体工事で、請負契約にかかる書面に記載しなければならない事項
分別解体の方法
解体工事に要する費用
再資源化等をするための施設の名称及び所在地
再資源化等に要する費用

 

1 労働基準法

No. 26労働基準法に定める労働者名簿に記入しなければならない事項
性別
住所
雇入れ年月日
従事する業務の種類他

 

No. 27労働基準法に定める休憩及び休日に関する記述
使用者は、休憩時間に電話当番をさせてはいけない。
使用者は、労働時間が 時間を超える場合は少なくとも時間の休憩時間を労働時間の途中に与えなければならない。
使用者は、労働者に対して、毎週少くとも一回の休日を与えなければならない。
使用者は、その雇入れの日から起算して6カ月間継続勤務し全労働日の8割以上出勤した労働者に10 労働日の有給休暇を与えなければならない。

 

No. 28労働契約法における労働契約に関する記述
使用者は、労働契約の内容について、書面で明示しなければならない。
労働契約は、労働条件を書面で明示する。
使用者は、労働者に提示する労働条件及び労働契約の内容について、労働者の理解を深めるようにするものとする。
使用者は、労働者と対等の立場において同意を得て、労働契約の内容である労働条件を変更することができる。

 

2 労働安全衛生法

No. 29労働安全衛生法で定める作業主任者を選任しなければならない作業として次のうち、適切なものはどれか。

型枠支保工の組み立て作業

 

No. 30労働安全衛生法に定める車両系建設機械に該当するもの
モーター・グレーダー
パワー・シヨベル
アース・オーガー
ブルドーザ