スポンサードリンク




注 このサイトは建設機械施工技術必携 建設機械施工技術検定テキストの内容をもとに構成されている2級建設機械施工技士応援サイトです。

このサイト見ただけでは合格はできません。

下記テキスト及び過去問題集を購入し、テキスト勉強前の内容確認や予備知識習得にお使いください。

建設機械施工技術必携 建設機械施工技術検定テキスト 平成29年度版

建設機械施工技術検定問題集 1級・2級建設機械施工技術検定試験 平成29年度版

 

このサイトの勉強方法紹介はこちら→ 2級建設機械施工技士勉強方法

⑨環境基本法(安全・環境・法令テキスト)-2級建設機械施工技士サポートクラブ

法の目的と定義

法の目的

環境基本法(以下「法」という)は、環境の保全について、基本理念を定め、ならびに国、地方公共団、事業者および国民の責務を明らかにし、環境の保全に関する施策の基本となる事項を定めることにより、環境の保全に関する施策を総合的かつ計画的に推進し、現在および将来の国民の健康で文化的な生活の確保に寄与するとともに人類の福祉に貢献することを目的としている。(法第1条)

 

公害の定義と種類

公害とは、環境の保全上の支障のうち、事業活動その他の人の活動に伴って生ずる相当範囲にわたる(  )の汚染、(  )の汚濁、(  )の汚染、騒音、振動、地盤の沈下及び悪臭によって、人の健康または生活環境に係る(  )が生ずることをいう

 

環境基準

①対象とする公害は、大気汚染、水質汚濁、土壌汚染、(  )の4公害

②(  )の健康を保護し、生活環境を保全するのに必要な基準とする。

③環境基準が、2以上の類型を設け、かつ、それぞれの類型にあてはめる地域または水域を指定する場合には、当該地域または水域の指定を政府(国)または(   )知事が行うものとしている(政府の指定については、政令によってその一部を都道府県知事に委任している)。

④基準については、常に適切な(  )的な判断が加えられ、必要な改定がなされる。

⑤基準の(  )が確保されるよう努める。

 

(安全・環境・法令)関連記事一覧

①安全対策 (安全・環境・法令)

②環境保全 (安全・環境・法令)

③労働基準法 (安全・環境・法令)

④労働安全衛生法 (安全・環境・法令)

⑤建設業法(安全・環境・法令)

⑥河川法(安全・環境・法令)

⑦道路交通法(安全・環境・法令)

⑧道路法および車両制限令(安全・環境・法令)

⑨環境基本法(安全・環境・法令)

⑩騒音規制法(安全・環境・法令)

⑪振動規制法(安全・環境・法令)

⑫水質汚濁防止法(安全・環境・法令)

⑬大気汚染防止法 (安全・環境・法令)

⑭循環型社会形成推進基本法(安全・環境・法令)

⑮資源の有効な利用の促進に関する法律(安全・環境・法令)

⑯建設工事に係る資材の再資源化等に関する法律(安全・環境・法令)

⑰廃棄物の処理及び清掃に関する法律 (安全・環境・法令)

⑱消防法(安全・環境・法令)

⑲火薬類取締法(安全・環境・法令)

⑳公共工事の入札及び契約の適正化の促進に関する法律 (安全・環境・法令)

㉑公共工事の品質確保の促進に関する法律(安全・環境・法令)