③動力伝達装置(建設機械一般テキスト)-2級建設機械施工技士サポートクラブ

スポンサードリンク




注 このサイトは建設機械施工技術必携 建設機械施工技術検定テキストの内容をもとに構成されている2級建設機械施工技士応援サイトです。

このサイト見ただけでは合格はできません。

下記テキスト及び過去問題集を購入し、テキスト勉強前の内容確認や予備知識習得にお使いください。

建設機械施工技術必携 建設機械施工技術検定テキスト 平成29年度版

建設機械施工技術検定問題集 1級・2級建設機械施工技術検定試験 平成29年度版

 

このサイトの勉強方法紹介はこちら→ 2級建設機械施工技士勉強方法

変速装置

変速装置には機械式と油圧式がある
(ここでは機械式を勉強)

 

機械式の種類

1)ダイレクトドライブ方式
構造が(  )で伝達効率高く安価

2)ダイレクトパワーシフト方式
ダイレクトドライブの代わりにダンパとパワーシフトトランスミッションを採用。
1本レバーで(  )操作可能。

3)トルコンパワーシフト方式
(  )は、入力側のトルクを増加して負荷側に伝える働きをもつものである。油はポンプで加速され、(   )翼にあたり、力を伝え、(   )(案内羽根)で流れの方向を変え、再びポンプに戻る。トルクコンバータの内部では、油は急激な方向転換を受け、翼との摩擦があるのでエネルギー損失がある。

 

終減速装置

ブレーキ

 

ブレーキは、過熱に注意し、定期的にライニングの摩擦のチェックが必要。

1)外部収縮式ブレーキ
外部からドラムをブレーキバンドで締める構造で、(  )な構造で調整が容易。
一定の回転方向しか作動しない片効き、どちらの回転方向にも効くものがある。

2)内部拡張式ブレーキ
内側から(  )をドラム内面に押しつけ拡げる構造となっており、小型で強力。
シューの支点の位置によってドラムの回転力がシューの圧着力を増加させる自動締まり機構(デュオサーボ機構)がある。

3)ディスクブレーキ
回転する円板(ディスク)をブレーキパッドまたはプレートではさむ構造。
単板式と多板式がある。放熱効果がよい。

 

クラッチ

 

(建設機械系)関連記事一覧

①技術動向 (建設機械一般)

②原動機と電装品 (建設機械一般)

③動力伝達装置(建設機械一般)

④油圧駆動装置 (建設機械一般)

⑤建設車両用タイヤとゴムクローラ (建設機械一般)

⑥燃料・潤滑剤 (建設機械一般)

⑦ワイヤーロープ(建設機械一般)

⑧安全及び環境保全対応 (建設機械一般)

⑨機械の維持と記録 (建設機械一般)

⑩建設機械の作業能力と機械経費 (建設機械一般)

⑪建設機械の輸送(建設機械一般)