②環境保全 (安全・環境・法令テキスト)-2級建設機械施工技士サポートクラブ

スポンサードリンク




注 このサイトは建設機械施工技術必携 建設機械施工技術検定テキストの内容をもとに構成されている2級建設機械施工技士応援サイトです。

このサイト見ただけでは合格はできません。

下記テキスト及び過去問題集を購入し、テキスト勉強前の内容確認や予備知識習得にお使いください。

建設機械施工技術必携 建設機械施工技術検定テキスト 平成29年度版

建設機械施工技術検定問題集 1級・2級建設機械施工技術検定試験 平成29年度版

 

このサイトの勉強方法紹介はこちら→ 2級建設機械施工技士勉強方法

建設工事に伴う環境問題の現況

(1)建設工事に伴う公害の苦情

公害の苦情順

(  )、大気汚染、(  )の順番て建設機械が発生源泉の場合が多い

 

(2)建設工事における環境保全

騒音・振動対策

(1)法規制

1)騒音規制法で指定した特定建設作業

2)振動規制法で指定されている特定建設作業

3)規制の内容は以下のとおり。

(a)騒音、振動の大きさ

(b)夜間作業の禁止

(c)一日の作業時間の制限

(d)作業期間の制限

(e)日曜日および休日の作業禁止

(2)騒音・振動の防止対策

1)発生源での対策

 

①低(  )・低(  )の工法、機種の選定(  )

騒音・振動の主な発生源は建設機械であり、低騒音・低振動型建設機械を使用

機械操作上の注意点

(a)運転中の不必要な(  )はしない。

(b)作業待ちの時間には、こまめに(  )を止める。

(c)作業は(  )に、しかも滑らかに行う。

(d)車両の(  )をむやみに上げない。

(e)発電機等連続的に使用する機械は周辺への影響の少ない(  )を選ぶ。

②定置機械の防振対策

防振ゴム等で(  )を遮断する。

 

2)伝播経路での防止対策

①距離減衰

騒音・振動は、発生源からの距離が遠くなるほど(  )する。

騒音・振動対策は、発生源を遠ざけることが最も有効である。

 

②遮音壁による防音

騒音の防止対策を(  )により行うことが多いが、音源を完全に密閉することはできない。

③防振溝

 

(3)地元対応

工事の内容について近隣住民の了解を得ることは、(  )な事項。

 

建設工事は騒音・振動など近隣住民に影響を与えるため、住民の誤解や心配が騒音・振動などに対する苦情となることが多い。

1)事前の説明

2)施工中の説明

3)苦情処理

 

(安全・環境・法令)関連記事一覧

①安全対策 (安全・環境・法令)

②環境保全 (安全・環境・法令)

③労働基準法 (安全・環境・法令)

④労働安全衛生法 (安全・環境・法令)

⑤建設業法(安全・環境・法令)

⑥河川法(安全・環境・法令)

⑦道路交通法(安全・環境・法令)

⑧道路法および車両制限令(安全・環境・法令)

⑨環境基本法(安全・環境・法令)

⑩騒音規制法(安全・環境・法令)

⑪振動規制法(安全・環境・法令)

⑫水質汚濁防止法(安全・環境・法令)

⑬大気汚染防止法 (安全・環境・法令)

⑭循環型社会形成推進基本法(安全・環境・法令)

⑮資源の有効な利用の促進に関する法律(安全・環境・法令)

⑯建設工事に係る資材の再資源化等に関する法律(安全・環境・法令)

⑰廃棄物の処理及び清掃に関する法律 (安全・環境・法令)

⑱消防法(安全・環境・法令)

⑲火薬類取締法(安全・環境・法令)

⑳公共工事の入札及び契約の適正化の促進に関する法律 (安全・環境・法令)

㉑公共工事の品質確保の促進に関する法律(安全・環境・法令)